スポンサーリンク

おすすめ本 レビューと個人的評価 「ビジネスモデル2.0 図鑑」

おすすめ本
この記事は約3分で読めます。

内容、情報の質 16点
生活への役立ち度 12点
伝わりやすさ、わかりやすさ 15点
内容量、見た目 15点
価格 10点

合計 68点
※素人の個人的な見解、好みが反映された評価点です。

ページ数:266ページ

概要

「定説」が通用しない時代。うまくいっているビジネスモデルにはどんな共通点があるのか?世界最先端スタートアップから大企業まで。100のすごい仕組みが「図解」を通じて見るだけでわかる本。

レビュー

この本は一言で言えば

新しいビジネスモデル仕組みを視覚で捉える図鑑

と言えます。

著書のタイトルとほぼ同じですね。それだけタイトル通りの内容であると言えます。新たなビジネスを起こすときに参考にできるアイデア集といった内容で、ビジネスモデルを著者の考案した視覚で捉えられる「図解」で100個載せてあります。

難しいビジネスモデルの仕組みを「図解」を通して視覚で簡単に一目瞭然にわかるというのがこの本のウリであると言えます。

さらに成功している新しいビジネスには「儲ける仕組み」があるがこの図鑑に紹介されているビジネスは「逆説の構造」「八方よし」の考えが入っており、今までの常識とは逆をいくことでビジネスが成り立ち、儲けるだけでなくビジネスを取り巻く人達をを幸せにできる社会性を持つということを「図解」で教えてくれます。

100もの新しいビジネスモデルの仕組みを見ることができるものというのは他にはなかなか無く、非常に新鮮で勉強になる本でした。

私はビジネスを起こしたことがありませんし、現状はビジネスを起こす予定が無いため参考になるというのが難しいのですがブログを書く際のアイデアや売られている製品やサービスが何故この値段で提供されているかがわかったりします。

悪い点としては著者の考えた「図解」が少しわかりにくいと感じます。わかりやすく伝えるために作られ、ルールに沿って全てのビジネスモデルを同じ「図解」で表すようにしているのですが同じルールで違うビジネスモデルを表していることで逆にわかりにくくなっている所があります。

「図解」はビジネスの利用者や事業者の間のモノやお金の流れなどがわかるようになっているのですが、ビジネスモデルの仕組みのキモ部分をうまく表せていません

例えば「俺のフレンチ」であればビジネスモデルのキモは「フレンチなのに立ち食いで回転率を3倍にして高品質なものを安く提供する」という部分だと思います。これであればわざわざ「図解」にしてモノやお金の流れを示してもビジネスモデルのキモが捉えられていません。

逆に「Airレジ」という小規模店舗向け無料レジアプリのキモは「購入データを活用することで無料レジを提供できる。」という点で無料で提供するための購入データのやり取りや活用先などの流れがキモになっているので「図解」が役に立っていると思います。

私の推測ですが「図解」でうまく表して説明できていたビジネスモデルが好評だったため、全てのビジネスモデルに対して「図解」を用いることにしてしまったことでわかりにくくなってしまっているモデルがあるのかと思ってしまいました。

この本を読んでからの私の行動の変化

この本で私が一番勉強になったと思うのが「八方よし」の考えです。ビジネスを起こす上で儲けるだけでなく、ビジネスを取り巻く人達をみな幸せにすべきという考えです。このブログを書く上でもアフィリエイトでの儲けを考えることも大事ですが、読んでくださった人を幸せにすることが大事と考えるようになり、そのことを念頭に記事を書くようになりました。

それと「逆説の構造」から人とは違った視点、考えを元にブログの情報を発信することで差別化ができて読んで頂けるものになるのではないかと考えるようになりました。

今回取り上げました「ビジネスモデル2.0 図鑑」は↓のバナーより購入が可能です。もし興味があれば購入して読んでみてください。kindle unlimitedの対象本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました