スポンサーリンク

必要な保険とは? 家計の支出を減らす 庶民サラリーマンの意見

お金
この記事は約2分で読めます。

支出を収入より少なくするとお金は貯まっていきます。では具体的にどの支出を減らすかということで今回は

保険の支出を減らす

です。必要な保険は

起きてしまうと破産してしまう恐れのあるもの

への保険です。具体的に言うと必ず必要な保険とは

自動車保険、住宅火災保険、生命保険(扶養者がある人のみ)、個人賠償責任保険

等です。極端に言えばこれらの保険以外は必要ありません。これらの保険以外の保険を解約や見直しを行うことで支出を減らします。

上に挙げた以外のものは貯蓄をしておけば対応できてしまうものばかりです。ですので保険料分を貯蓄に回すことでいろいろな事故や災害に備えたほうが効率的なのです。生活を守るお金としての貯蓄の目安は生活費の半年から1年分くらいです。

日本には公的保証(国が国民を保証してくれるもの)があります。例えば「健康皆保険」であれば入院、治療費への保険は必要ありませんし、職を失うなど生活が困難になる状況でも「失業保険」「生活保護」などがありますので多くの保険に入る必要はありません。

また、貯蓄型の保険は利回りが非常に低いため、自分で運用した方が効率的です。

日本人は保険好きな国民のため多くの保険に入っている人がいます。また、保険の勧誘も多く行われているため誘われるがまま入っている人も多くいます。本当に必要な保険を見極めて支出を抑えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました