スポンサーリンク

電気代と太陽光発電売電実績 2023年12月実績 築10年中古の一条工務店i-smart(アイスマート)

未分類
この記事は約25分で読めます。

※本ページはプロモーションが含まれています

こんにちはヤママメです。

我が家は
築10年中古の一条工務店i-smart(アイスマート)
太陽光発電7.8kW 蓄電池無し 24時間全館冷暖房

前回2023年11月実績の太陽光発電売電実績と電気代を記事にしました。↓

今回は2023年12月実績の電気代です。

太陽光発電の12月実績は2024年2月15日になってやっと掲載。

なぜかというと

太陽光発電の発電実績が出るのが翌々月の10日

というなのです。


中古住宅購入についてご質問やご意見などはこのブログのお問い合わせやinstgramやtwitterのDMなどに送って頂ければご回答します。

instagramとtwitter↓

実際に相談があり購入された方の記事は↓になります。


スポンサーリンク

2023年12月実績の電気代と太陽光発電売電実績

2023年12月実績の電気代

電気代:10,580円(381kWh)
(2023年12月6日~2024年1月8日 34日間)
※「1月分」は1月請求分という意味で、電気使用月は12月です

昨年同月に比べて約250kWh、約40%削減できました。

削減できた理由としては

・内窓設置による熱の出入りが減ったことにより暖房使用量が減った

・晴れた日が多く太陽光発電で発電できる日が多かったため、自家消費が多かった

・エコキュートの湧き上げを夜間→昼間に変更(太陽光発電の自家消費で湧き上げ)

上記3点を主な理由に買電量が昨年に比べて大きく減りました。

2023年12月実績の太陽光発電売電実績

太陽光発電売電実績:2,860円(260kWh)
固定買取制度が終わり11円/kWhでの買取です。

2023年12月の我が家の中と外の気温・湿度推移

2023年12月の我が家の中と外の気温推移は↓です。
赤:最高気温/日 青:最低気温/日

NETATOMの測定結果より

比較として昨年2022年12月の我が家の中と外の気温推移は↓です。

NETATOMの測定結果より

2023年12月の我が家の中と外の湿度推移は↓です。
赤:最高湿度/日 青:最低湿度/日

NETATOMの測定結果より

昨年2022年12月の我が家の中と外の湿度推移は↓です。

NETATOMの測定結果より

上の温湿度のグラフは↓のNETATOMを使用して計測しています。

USB付属・ACアダプター無し スマホ対応 温度・湿度・気圧・二酸化炭素・騒音を測定 [並行輸入品]

2023年の12月は2022年の12月に比べて暖かく、平均気温約2℃ほど高くなりました。

暖かいことも電気代削減の一因になっています。

冬でも家の断熱性と床暖房のおかげで家全体が均一な暖かさで過ごせています。

12月の家の各部屋の温度・湿度は↓のような感じです。

上の測定は↓のswithbot温湿度計で測定しています。

データの保存、削除、およびエクスポート: SwitchBot 温度計/湿度計は、過去 36 日間のデータを保存できます
家中のリモコンを1つにまとめる エアコン・テレビ等赤外線リモコンを一つのハブミニにまとめてアプリから操作可能。大量のリモコンの整理に悩まずスマホ1つで一括管理ができるようになります。リモコンの紛失や電池切れなどの心配も無し! 家電がスマートになり、より使いやすくなる。ios、Androidに適用。

過去に家中の温度を測定した結果は↓の記事になります。

各種条件

太陽光発電条件と電気使用の条件は↓です。

太陽光設置条件

発電容量:7.8kW
売電単価:11円/kWh(2023年3月より 10年固定価格買取制度{FIT制度}終了 →一条でんき 買取に切り替え)  
地域:中部地方 6地域
設置傾斜角:8.53°(1.5寸勾配屋根)
設置方角:南南西
周辺建物等:東西に隣家有り、南側は道路及び駐車場

電気使用条件

契約種別:スマートライフプラン(中部電力ミライズ)
契約容量:12kVA

総2階 延床面積 39坪
洗濯乾燥機を1日1~2回
食洗器を1日2回
家族:私、妻、子1人

です。

電気使用量実績のグラフ

↓電気使用量のグラフ

電気料金実績のグラフ

↓電気料金のグラフ

太陽光発電売電量のグラフ

2023年12月実績まとめ

電気代:10,580円(381kWh)
太陽光発電売電実績:2,860円(260kWh)
収支:-7,720円

みなさんと比べてどうでしょうか。

内窓設置による暖房使用量削減、晴れた日が多く太陽光発電を多く行えたことで自家消費増えたこともあり、昨年に比べて約40%電気使用量が減り電気代が15,000円ほど安くなりました。

電気料金の推移について

政府支援により2023年1月から8月使用分は7円/kWhの値下げになっていました。↓

電気料金の激変緩和措置に伴う申請について|プレスリリース|中部電力ミライズ (chuden.co.jp)

引き続き、電気・都市ガス料金の負担軽減を行います
< お知らせ >引き続き、電気・都市ガス料金の負担軽減を行います 電気・ガス価格激変緩和対策による措置について、9月末まで行うこととしている支援を継続することとなりました。①値引き期間 9月使用分に対する措置を当面(12月使用分まで)延長 ...

9月使用分よりこの支援額が半分の-3.5円/kWhに減っています。
2024年5月分まで継続が発表されています↓

202301.pdf (chuden.co.jp)

私の契約している中部電力ミライズの燃料調整単価は↓のように推移しています。

燃料費調整単価推移|法人のお客さま|中部電力ミライズ (chuden.co.jp)

12月実績は▲1.01円kWhに少し下がりました。

1月は▲0.82円/kWhと少し上がります。

昨年の12月分が12.30円/kWhだったことと比べると約13円/kW安くなっています。

昨年の12月電気使用量が627kWhなので同じだけ使ったとしたら約13円/kW約8,000円も安くなります。

今年の冬は昨年のような電気代高騰は無さそうで安心です。

再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は下がっています。

燃料費調整単価推移|法人のお客さま|中部電力ミライズ (chuden.co.jp)

1.40円/kWhになりました。

これは燃料費高騰により既存の火力発電等の発電価格が上がったことで、太陽光発電などで作られた電力が高く買われて再生可能エネルギー発電促進賦課金の負担額が減りました

中部電力ミライズの電気代算出は↓のようになります。

中部電力ミライズ | なぜいつもより電気料金が高くなっているのですか。 (dga.jp)

政府支援が減ったことから中部電力では「電気料金等の負担軽減策の継続および拡充」を発表しています↓

電気料金等の負担軽減策の継続および拡充|プレスリリース|中部電力ミライズ
中部電力ミライズのオフィシャルウェブサイトです。中部電力ミライズからのプレスリリースです。

主なところでは子供や高齢者の居住者がいる世帯の10%電気料金割引(2023年12月、2024年1月使用分)です。

(1)お子さまやご高齢の方がお住まいの世帯を対象とした電気料金の割引(新規)

電気のご使用量が大きくなる冬季においても、お子さまやご高齢の方がお住まいの世帯のお客さまに、少しでも安心して暖房などの電化製品をご利用いただくため、2024年1、2月分(2023年12月、2024年1月使用分)の2ヶ月間の電気料金(注3)を10%割引いたします。

電気料金等の負担軽減策の継続および拡充|プレスリリース|中部電力ミライズ (chuden.co.jp)

12月使用分から適用になっており今回分で1,117円ほど割り引かれました

今回は以上で↓からやったこと紹介です。

先進的窓リノベ事業を利用して内窓設置

窓からは熱の出入りが非常に大きい、家の温熱の弱点となっています。

窓の断熱性能を高めるため、内窓設置リフォーム工事に補助金が出る「先進的窓リノベ事業」が行われています↓

先進的窓リノベ事業【公式】
「先進的窓リノベ事業」の公式サイトです。

詳しくは↓の記事にまとめています。

この制度を利用して我が家の築10年の中古のi-smartも家の窓のうち17窓の内窓を設置しました。

金額は

・内窓設置工事費:約110万円
・補助金額   :約75万円
・差し引き   :約35万円

でした。

掃き出しの窓など窓費用の割に補助金額が高くない窓もあり、持ち出し金額が約35万円と高額になっています。

内窓の設置により窓の断熱性能が上がり、温熱環境が良くなることと電気代の低減を期待しています。

2023年の先進的窓リノベ事業は受付を終了しています。

2023年終了時点で戸建て90%、集合住宅98%。

予算到達はせずに終わりましたが、予算近くまでは申請されました。

住宅省エネ2023キャンペーン【公式】 (mlit.go.jp)

2023年12月7日に住宅省エネ2024キャンペーンにおける先進的窓リノベ2024事業の詳細について公表されました↓

住宅省エネ2024キャンペーンにおける先進的窓リノベ2024事業の詳細について公表します
環境省のホームページです。環境省の政策、報道発表、審議会、所管法令、環境白書、各種手続などの情報を掲載しています。

先進的窓リノベ事業の補助金額は2023年に比べて
SSグレードで約10%減、Sグレードで約20%減、Aグレードで約25%減
となっています。

2023年より減りますが依然として高い補助金額となりますのでまだ内窓設置していない人はご検討を。

000176773.pdf (env.go.jp)
20221216_jigyousetumei.pdf (meti.go.jp)

設置に興味のある方は↓が「住宅省エネ2024キャンペーン」公式HPになります。

是非内窓設置業者に確認してみてください。

住宅省エネ2024キャンペーン【公式】
「住宅省エネ2024キャンペーン」の公式サイトです。

冬の家の温度環境を調べてみた

サーモグラフィーカメラ

我が家の家の温度環境を調べるためサーモグラフィーカメラを購入しました。

購入したのはスマートフォンに接続して使用するandroid用の↓

19200画素 赤外線サーモグラフィー

iPhone用は↓

19200画素 赤外線サーモグラフィー

床暖房

一条工務店の全館床暖房は↓のようにエアコン室外機で温めたお湯を家中に循環しています。

全館床暖房の家|性能を追求する住宅メーカー【一条工務店】 (ichijo.co.jp)

サーモグラフィーで撮影してみると廊下は↓

寝室は↓

脱衣室は↓

床に張り巡らされたお湯によって暖まっているのがわかります。

冬の暖房はこの床暖房のみで家中を暖めています。

電気代がややかかるものの上に書いた通り3月分(2月実績)で16,088円(496kWh)です。

高断熱高気密の家で全館床暖房を行うことで少ない電気使用量で家中を暖めることができています。

過去記事 2021年 築9年中古の一条工務店i-smart(アイスマート)の温湿度、光熱費まとめ

2021年分の築9年中古の一条工務店i-smart(アイスマート)の温湿度、光熱費をまとめた記事は↓になります。

今日は以上になります。


高気密・高断熱の家は世界的に見ても当然の性能であり、高気密・高断熱の家に全ての人が住めるようにならないといけないと思います。

しかし、現在の日本では一般的な収入の人では高気密・高断熱の家を建てることが非常に難しいです。

将来的には全ての人が住めるようになって欲しいです。

現在の日本で庶民が高気密・高断熱の家を購入する1つの方法が

中古で購入する

です。

中古で一条工務店のi-smart(アイスマート)を購入しした記事は↓です。


高気密・高断熱の家の購入や住まい方について勉強をしているときに参考になったおすすめの本があります。

↓のものになるので興味がある人は読んでみてください。家の考えが大きく変わりました。

前 真之 反響を呼んだ前作から5年、待望の第2弾。
省エネルギーで光熱費が掛からず、快適で健康に暮らせる「エコハウス」
今回は著書「ホントは安いエコハウス」やyoutubeでお馴染みの松尾和也さん率いる松尾設計室の家づくりを大特集!

各部屋の温湿度管理便利なのが「SwitchBot 温湿度計」です。

温湿度が測定できアプリ上で測定結果を確認できます。

「SwitchBot Hub Mini」と連携すると「温度が27℃を超えたらエアコンを起動」などの自動設定をすることもできます。

データの保存、削除、およびエクスポート: SwitchBot 温度計/湿度計は、過去 36 日間のデータを保存できます
家中のリモコンを1つにまとめる エアコン・テレビ等赤外線リモコンを一つのハブミニにまとめてアプリから操作可能。大量のリモコンの整理に悩まずスマホ1つで一括管理ができるようになります。リモコンの紛失や電池切れなどの心配も無し! 家電がスマートになり、より使いやすくなる。ios、Androidに適用。

私の家では気温、湿度の測定を↓のものを使っています。

今までの記事でもよくグラフをのせて使っています。おすすめです。

USB付属・ACアダプター無し スマホ対応 温度・湿度・気圧・二酸化炭素・騒音を測定 [並行輸入品]

NETATMO(ネタトモ) ウェザーステーションを使った記事は↓です。


高気密・高断熱の家では湿度管理が気になります。安価で絶対湿度が計れるのが↓の「みはりん坊ダブル」です。私も使っています。おすすめです。

熱中症指数表示範囲(℃):0~60

みはりん坊ダブルを使った記事は↓です。


私の購入したような中古物件がみつかるのはなかなか難しく時間がかかります。

タウンライフでは希望にマッチした不動産情報が無料登録で届くようになります。

無料資料請求は↓


私ヤママメの家のエアコンの設置業者を探す際にくらしのマーケットで探しました。

高気密高断熱の家の設置なのできちっとした作業ができる方を探す際に口コミが見られるので非常に参考になりました。

おすすめです↓


私は残念ながら対象ではないのですが新築戸建て、新築マンションの購入した人がアンケートを答えると5000円もらえるそうです。

欲しい方は↓のバナーから。私も欲しかったのですが中古はだめのようです。


にほんブログ村の一条工務店ブログランキングに参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


↓はこのブログを書くに当たって参考にさせて頂いているブログです。

非常に参考になります。

快適暮らしのつくり方|とり | 快適暮らしのつくり方@一条工務店 (tori-ismart.net)

ずぼらな家づくり (hatenablog.com)

ローコスト住宅なら費用を抑えて1500万円で注文住宅が建て

未分類
スポンサーリンク
シェアする
ヤママメをフォローする
40歳庶民サラリーマンのお金の考え 

コメント

タイトルとURLをコピーしました