スポンサーリンク

中古住宅購入時 ホームインスペクションの実施を断られる事例 一条工務店の中古の家

住宅
この記事は約12分で読めます。

こんにちはヤママメです。

YoutubeやNetflixなど動画配信が一般的になっていますね。

「早送り」、「早戻し」など自由自在に見れるところが良いですね。

いや「早戻し」でなく「巻き戻し」だろ、なアラフォーヤママメです。


高気密高断熱の住宅を安く購入するには中古というのが良い選択肢の1つです。

しかし、中古住宅を購入する際は劣化や欠陥が無いか心配になります。

私ヤママメは中古の一条工務店のi-smartを購入した際はホームインスペクションを実施しました。

中古住宅の購入の際はホームインスペクションを実施して購入することをおすすめしています。

先日も相談者の方にホームインスペクションの実施をおすすめしましたが仲介の不動産屋に断られてしまいました。

中古住宅購入時には必須と言えるホームインスペクションの実施が断られる事例が多くあるようです。

中古住宅のホームインスペクションの重要性と実情についてまとめました。

ヤママメ
ヤママメ

ホームインスペクションを断れる事例多くあるようです。


中古住宅購入についてご質問やご意見などはこのブログのお問い合わせやinstgramやtwitterのDMなどに送って頂ければご回答します。

instagramとtwitter↓

実際に相談があり購入された方の記事は↓になります。


私の購入したような中古物件がみつかるのはなかなか難しく時間がかかります。

タウンライフでは希望にマッチした不動産情報が無料登録で届くようになります。

無料資料請求は↓

注文住宅を希望される方は↓


スポンサーリンク

ホームインスペクションとは

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場からまた専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。


米国では、州によって異なりますが、取引全体の70~90%の割合でホームインスペクションが行われ、すでに常識となっています。

日本でも2018年4月から、中古住宅取引の際にホームインスペクション(住宅診断)の説明が義務化されました。

株式会社さくら事務所HPより ホームインスペクション(住宅診断)とは - さくら事務所 (sakurajimusyo.com)

ホームインスペクションを実施することで家のコンディションがわかります

家のコンディションによって売却する際に適した価格で売ることができます。

また、購入する側も家のコンディションがわかることで安心して購入することができます。

ホームインスペクションが浸透すると家の適切な維持保全の大切さ、維持保全による資産価値の維持が実現されます。

001089398.pdf (mlit.go.jp)
ヤママメ
ヤママメ

私ヤママメも中古の一条工務店のi-smart(アイスマート)もホームインスペクションをして購入しました。

中古の一条工務店の家の購入についての相談

先日当ブログを見てくださった方から中古の一条工務店の家の購入を相談されました。

中古の一条工務店の家の購入の情報はあまりまだ無いので度々ご相談を受けます。

中古の一条工務店の家の相談で実際に相談者の方が購入して頂いた記事は↓になります。

物件の内容を確認して土地の値段と土地以外の値段を算出し、市場の中古の一条工務店の家の価格と比較しました。

中古の一条工務店の家の相場を調べたものが↓になります。

ヤママメ調べ https://www.mountain-coffee18.com/?p=3751

平均では土地以外の価格が築5年で76万円/坪、築10年で56.5万円/坪になっています。

詳しくは↓の記事に書いてあります。

また、中古の一条工務店の家の購入で確認すべき点として

・太陽光発電容量
・購入後の保証
・ホームインスペクションの実施

以上3点を挙げさせてもらいました。

さっそく相談者の方がホームインスペクションの実施について仲介の不動産屋に問い合わせたところ断られてしまいました

ホームインスペクションが実施できず、家の状態がわからずに購入は不安になってしまうので購入を見送られました。

ヤママメ
ヤママメ

ホームインスペクションが断れると何かあるのか心配になって買えませんよね。

中古住宅購入時にホームインスペクションを断られることは多い

仲介の不動産屋にホームインスペクションを断られたため、今回のような事例が多いのかtwitterで質問してみました↓

質問してみたところ多くの回答を頂き、やはり断られる事例が多いようです↓

株式会社さくら事務所の田村さんからはホームインスペクションを断られた実例のブログも紹介頂きました↓

紹介頂いたブログは↓

【お客様からの声】仲介さんにホームインスペクション(住宅診断)を拒否されてしまいました・・・ - さくら事務所
「インスペクションをお願いしたいけど、売主さん・仲介さんに反対されて・・」というご相談を頂きます。契約前を思うようにインスペクションを入れられないという方もいらっしゃるようです。今回は実際にインスペクションをブロックされて自己負担で補修することになってしまったケースをご紹介します。

ホームインスペクションを実施することで家の劣化や欠陥がわかり資産価値が下がる可能性があるため売り主や仲介の不動産屋が実施を断るようです。

ヤママメ
ヤママメ

ホームインスペクションを断られることは多く一般的であるようです。

ホームインスペクションを断られた際の対応

ホームインスペクションを断られたらどう対応すべきでしょうか。

物件購入を見送る

普通の対応としてはやはり物件購入を見送るになります。

ホームインスペクションがされない物件を購入してから劣化や欠陥がみつかれば後悔やトラブルになってしまいます。

ホームインスペクションが実施できない場合は購入を見送るのが無難な対応となります。

ホームインスペクション会社へ相談する

自分の条件に合った良い中古物件はなかなか出てこないため、ホームインスペクションが実施できなくても欲しい物件はあります。

特に人気のあるエリアや好条件物件であればホームインスペクションを実施しなくても売れるため実施できない場合があります。

そういった際は一度ホームインスペクション会社へ相談してみるのが良いです。

契約後のインスペクションでも、売主さんの契約不適合責任(瑕疵担保責任)に該当するケースもあるようです。

ホームインスペクションが実施できない物件でも購入後に実施して瑕疵担保してもらったり、的確な修理をすることができます。

ホームインスペクション会社の「株式会社さくら事務所」のホームページは↓です。

ホームインスペクション(住宅診断)実績No.1 - さくら事務所
国内初・業界最大手の一級建築士事務所。実績50,000件超で業界NO.1!平均20年以上の経験を持つ熟練のホームインスペクター(住宅診断士)が、新築・中古の戸建、マンションの調査・検査を行い、適切なアドバイスをします。購入検討時の相談や災害リスクレポートなど不動産にかんする様々な相談を受け付けております。
ヤママメ
ヤママメ

ホームインスペクションを断られても欲しい物件。

一度ホームインスペクション会社にご相談を。

ホームインスペクションの重要性について

ホームインスペクションを実施することで中古住宅の売買でどのような影響があるのでしょうか。

トラブルを回避する

ホームインスペクションを実施しないで取引をして、購入後に劣化や欠陥がわかるとトラブルになってしまいます。

契約前に物件の状態を確認し、売り主と買い主が納得した形で契約するべきですね。

中古住宅のイメージが良くなる

日本では中古住宅は劣化している、汚いなどの悪いイメージがついてしまっています。

ホームインスペクションで家の状態が明確になれば悪いイメージが払拭されて安心して取引ができるようになります。

中古住宅の流通量が増える

ホームインスペクションで家の状態が明確になれば取引に安心感が生まれて中古住宅の流通量が増えていきます。

日本ではまだ認知度が低いホームインスペクションですがアメリカなどでは中古住宅取引において7割以上実施されており中古住宅の流通量が多いです↓

既存住宅市場の活性化について (cao.go.jp)

家の資産価値が維持される

ホームインスペクションを実施することで築年数でなく家の劣化状態で経済的耐用年数により評価されます。

経済的耐用年数
継続使用するための補修・修繕費その他費用が、改築費用を上回る年数。

https://www.frontier-valuation.com/post/columns583
スライド 1 (mlit.go.jp)

現在の日本は法令耐用年数に合わせて価格が下落し、木造住宅であれば22年で価値がほぼ0になります↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2021-03-30_19h50_43.png
国土交通省HPより 中古住宅流通、リフォーム市場の現状 <4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF825281698E738FEA82CC8CBB8FF3816A> (mlit.go.jp)

高性能で長期に渡って使用できる劣化しにくい家を適切に維持保全することで資産価値が残っていくことになります。

国土交通省HPより 001098687.pdf (mlit.go.jp)
001089398.pdf (mlit.go.jp)

ホームインスペクションにより本来持っている家の価値がわかるようになるのです。

家の資産化については↓の記事に詳しく書いています。

ヤママメ
ヤママメ

ホームインスペクションの実施が一般的になれば家が資産化する。

将来のホームインスペクションについて

将来の日本の中古住宅の取引においてホームインスペクションが当然行われるようになっていることを望みます。

それにはホームインスペクションが義務化されることが良いと思いますが、ホームインスペクションの認知度を上げる必要があります。

中古住宅のホームインスペクションが一般的に行われ、高性能できちんと修理保全されている家が長く資産価値を保つようになって欲しいです。

家の資産価値が保たれるようになると豊かになれます。

家を購入することで資産となるので住み替えが容易になり、家を相続すると住居費がかからなくなります。

現在の日本では30年ほどで家を建て替えているため、世代毎に家を購入する必要があります。

家が消耗品となっており、資産が増えていかず貧しくなっています。

アメリカでは家の建て替えが60年程度で、家の資産価値が認められているため資産が増えていきます。

日本とアメリカの住居費による資産については↓のグラフのようです。

スライド 1 (mlit.go.jp)

将来の日本もホームインスペクションを実施し、家に資産価値が保たれて豊かになることを望みます。

ヤママメ
ヤママメ

ホームインスペクションにより日本は家の資産化、豊かな生活が送れるようなります。

今日は以上になります。


高気密・高断熱の家は世界的に見ても当然の性能であり、高気密・高断熱の家に全ての人が住めるようにならないといけないと思います。

しかし、現在の日本では一般的な収入の人では高気密・高断熱の家を建てることが非常に難しいです。

将来的には全ての人が住めるようになって欲しいです。

現在の日本で庶民が高気密・高断熱の家を購入する1つの方法が

中古で購入する

です。

中古で一条工務店のi-smart(アイスマート)を購入しした記事は↓です。


高気密・高断熱の家の購入や住まい方について勉強をしているときに参考になったおすすめの本があります。

↓のものになるので興味がある人は読んでみてください。家の考えが大きく変わりました。

前 真之 反響を呼んだ前作から5年、待望の第2弾。
省エネルギーで光熱費が掛からず、快適で健康に暮らせる「エコハウス」
今回は著書「ホントは安いエコハウス」やyoutubeでお馴染みの松尾和也さん率いる松尾設計室の家づくりを大特集!

私の家では気温、湿度の測定を↓のものを使っています。

今までの記事でもよくグラフをのせて使っています。おすすめです。

USB付属・ACアダプター無し スマホ対応 温度・湿度・気圧・二酸化炭素・騒音を測定 [並行輸入品]

NETATMO(ネタトモ) ウェザーステーションを使った記事は↓です。


高気密・高断熱の家では湿度管理が気になります。安価で絶対湿度が計れるのが↓の「みはりん坊ダブル」です。私も使っています。おすすめです。

熱中症指数表示範囲(℃):0~60

みはりん坊ダブルを使った記事は↓です。


私の購入したような中古物件がみつかるのはなかなか難しく時間がかかります。

タウンライフでは希望にマッチした不動産情報が無料登録で届くようになります。

無料資料請求は↓

注文住宅を希望される方は↓


私ヤママメの家のエアコンの設置業者を探す際にくらしのマーケットで探しました。

高気密高断熱の家の設置なのできちっとした作業ができる方を探す際に口コミが見られるので非常に参考になりました。

おすすめです↓


私は残念ながら対象ではないのですが新築戸建て、新築マンションの購入した人がアンケートを答えると5000円もらえるそうです。

欲しい方は↓のバナーから。私も欲しかったのですが中古はだめのようです。


にほんブログ村の一条工務店ブログランキングに参加しています↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


↓はこのブログを書くに当たって参考にさせて頂いているブログです。

非常に参考になります。

快適暮らしのつくり方|とり | 快適暮らしのつくり方@一条工務店 (tori-ismart.net)

ずぼらな家づくり (hatenablog.com)

ローコスト住宅なら費用を抑えて1500万円で注文住宅が建てられる - ~年収350万円の私でも20代で家が建てられた~ (gukkyblog.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました