スポンサーリンク

一条工務店 i-smart(アイスマート)を中古で購入しました。 冬の湿度の変化と結露の発生状況について。 

住宅
この記事は約9分で読めます。

こんにちはヤママメです。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で売上が大きく落ち込んだ観光産業の支援目的として「がんばろう○○(地名)」というキャンペーンをいろいろやっていたようです。

がんばろうと言えば「がんばろうKOBE」ですよね。

イチロー、グリーンスタジアム神戸、仰木監督、DJ・・・懐かしいですね。

DJわかりますか?ダグ・ジェニングスのDJです。・・・アラフォーヤママメです。


中古住宅購入についてご質問やご意見などはこのブログのお問い合わせやinstgramやtwitterのDMなどに送って頂ければご回答します。

instagramとtwitter↓

実際に相談があり購入された方の記事は↓になります。


私の購入したような中古物件がみつかるのはなかなか難しく時間がかかります。

タウンライフでは希望にマッチした不動産情報が無料登録で届くようになります。

無料資料請求は↓

注文住宅を希望される方は↓


さて、一条工務店 i-smart(アイスマート)を中古で購入して半年ほど経ちまちました。

冬の温度がどうなるかも気になっていたのですが、湿度管理についてもどうだろうと思っていました。

よく「高気密高断熱の家は乾燥する」とか「ハニカムシェードは結露する」と言われています。

実際の湿度について公表したいと思います。

ある冬の1日の温度湿度が下のようになっています。

屋外の気温が3℃を下回る寒い日にリビングの気温は22℃前後をキープしています。

一方で湿度は屋外が概ね50%前後で昼間に30%くらいになっていてリビングは35~40%前後になっています。

(この湿度は相対湿度になっているので温度が上がると同じ水分保有量でも湿度は下がっていってしまいます。)

暖房及び加湿器の条件は床暖房を26℃設定でスチーム式の加湿器をリビングに1台稼働させています。

夜から朝方にかけて加湿器が止まっており湿度が低下していっています。

加湿器をつけていないとやはり湿度は下がっていってしまい、30%を切っていきます。

適切な湿度管理については下の記事に書いてあります。

上の記事にも書いてある通り湿度を高く保つことで風邪やインフルエンザに対して有効であり、肌の乾燥を防ぐことができます。

i-smart(アイスマート)では標準で「熱交換換気システム ロスガード90」がついていますので室内の湿度を82%供給してくれるため、換気の際の湿度低下を防いでくれます。

「熱交換換気システム ロスガード90」については下記の一条工務店のページを参考にしてください。

熱交換換気システム「ロスガード90」|性能を追求する住宅メーカー【一条工務店】
一条工務店のテクノロジー 「熱交換換気システム ロスガード90」ページ。性能の差は、暮らしの差。「性能がどれだけ優れているか」は「暮らしがどれだけ快適・安心か」という差になって表れ、住まいの満足度につながります。省エネ7冠・創エネ5冠。累積約20万棟の建築実績。性能を追求する住宅メーカー、一条工務店です。

「熱交換換気システム ロスガード90」があっても冬の乾燥を防ぐには加湿器が必要になります。

現在のi-smart(アイスマート)では「ロスガード90 うるケア」があるため加湿器が不要で湿度管理ができます。

「ロスガード90 うるケア」については下記の一条工務店のページを参考にしてください。

うるケア 全館加湿、全館換気で家中快適|性能を追求する住宅メーカー【一条工務店】
全館加湿、全館換気システム「ロスガード90うるケア」のご紹介ページです。リビングも子ども部屋も、家中いつでも快適空間!パナソニックと共同開発したメンテナンス不要で家計にもやさしい加湿&換気システムです。省エネ7冠・創エネ5冠。累積約20万棟の建築実績。性能を追求する住宅メーカー、一条工務店です。

「ロスガード90 うるケア」を使用した湿度がどうなるか実体験している方がいれば教えて頂きたいです。


またこの状況での結露発生状況ですが朝方の一番寒い時にハニカムシェードを使用していても結露は発生していません。

外気温が氷点下を下回っても結露はでませんが、浴室のドアを開けておくと浴室近くの窓は下の方にわずかに結露が見られます。

高気密高断熱の家でなければこの湿度を保ってしまうと結露が多く発生してしまいます。

適した湿度を結露の発生無くできることが高気密高断熱の家の素晴らしさです。

今回の温湿度の測定結果は「NETATMO ウェザーステーション」を使用しています。

「NETATMO ウェザーステーション」については下の記事で書いてあります。


高気密・高断熱の家の購入や住まい方について勉強をしているときに参考になったおすすめの本があります。

↓のものになるので興味がある人は読んでみてください。家の考えが大きく変わりました。

前 真之 反響を呼んだ前作から5年、待望の第2弾。
省エネルギーで光熱費が掛からず、快適で健康に暮らせる「エコハウス」

各部屋の温湿度管理便利なのが「SwitchBot 温湿度計」です。

温湿度が測定できアプリ上で測定結果を確認できます。

「SwitchBot Hub Mini」と連携すると「温度が27℃を超えたらエアコンを起動」などの自動設定をすることもできます。

データの保存、削除、およびエクスポート: SwitchBot 温度計/湿度計は、過去 36 日間のデータを保存できます
家中のリモコンを1つにまとめる エアコン・テレビ等赤外線リモコンを一つのハブミニにまとめてアプリから操作可能。大量のリモコンの整理に悩まずスマホ1つで一括管理ができるようになります。リモコンの紛失や電池切れなどの心配も無し! 家電がスマートになり、より使いやすくなる。ios、Androidに適用。

私の家では気温、湿度の測定を↓のものを使っています。

今までの記事でもよくグラフをのせて使っています。おすすめです。

USB付属・ACアダプター無し スマホ対応 温度・湿度・気圧・二酸化炭素・騒音を測定 [並行輸入品]

NETATMO(ネタトモ) ウェザーステーションを使った記事は↓です。


高気密・高断熱の家では湿度管理が気になります。安価で絶対湿度が計れるのが↓の「みはりん坊ダブル」です。私も使っています。おすすめです。

熱中症指数表示範囲(℃):0~60


私の購入したような中古物件がみつかるのはなかなか難しく時間がかかります。

タウンライフでは希望にマッチした不動産情報が無料登録で届くようになります。

無料資料請求は↓


私は残念ながら対象ではないのですが新築戸建て、新築マンションの購入した人がアンケートを答えると5000円もらえるそうです。

欲しい方は↓のバナーから。私も欲しかったのですが中古はだめのようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました